足がパンパンでひどい、脚のむくみ対策について記しています。

足のむくみって薬で解消できる?

足のむくみって薬で解消することができます。

足のむくみに効果がある薬は、アンチスタックスが有名です。

アンチスタックスは、内側からしっかりと足のむくみを改善することができる西洋ハーブなんです。

アンチスタックスの有効成分は、赤ブドウ葉乾燥エキス混合物です。

この有効成分は、血管を強くして、血流をよくする働きがあります。

そのため、足のむくみに効果があるのです。

アンチスタックスは、臨床試験でも足のむくみに効果があると認められたお薬です。

即効性はないのですが、3週間で飲み続けることで約30%、足のむくみが改善されると確認されています。

6週間で約55%、そして12週間で約82%と、飲み続けると改善する確率が上がっていきます。

アンチスタックスは1箱60カプセル入りです。

1日1回朝に2カプセル服用するので、1箱で約1か月分です。

足がパンパンでつらい、そんな方は一度アンチスタックスを飲んでみてはいかがでしょうか?

砂糖を控えると足のむくみは解消される?

砂糖を控えると足のむくみは解消されます。

砂糖と足のむくみって、あまり繋がりがないように思いますよね。

実は、砂糖を摂ることで、体内に水が溜まりやすくなってしまうのです。

水が溜まるとどうしても足だけでなく、体はむくんでしまいます。

それだけではありません。

水が溜まることで、血行も悪くなり、体も冷えてしまうのです。

砂糖をたくさん摂ると、足がパンパンになったり、冷え性になってしまったりするんです。

甘いものをたくさん摂ると、単に太るという訳ではありません。

こういったことがあるので、本当に気を付けなければいけないのです。

絶対に甘いものを食べてはいけないということではないのですが、足がパンパンになるのが嫌なのであれば、食べすぎには気を付けなければいけません。

足のむくみはテーピングで解消することができる?

足のむくみはテーピングで解消することができます。

テーピングといえば、アスリートを思い浮かびますよね。

アスリートは、テーピングをすることで、痛みを緩和させたり、怪我を防止したります。

そんなテーピングを足に貼ることで、足のむくみを取ることができるのです。

どんな感じで貼るのかというと、かかと裏からひざ裏にかけて縦に貼ります。

ただテーピングを貼るときに、引っ張らないように、そしてアキレス腱をストレッチさせるような感じで貼っていきます。

これでOKです。

どうしてテーピングするだけで、足のむくみが取れるのか?

それは、テーピングを貼ることによって、そこの部分の皮膚が持ち上げられます。

皮膚のすぐ下にはリンパが流れているため、皮膚が持ち上げられることにより、リンパの流れがよくなるのです。

それで足のむくみが取れるという訳なんです。

毎日足がパンパンで悩んでいる方は、一度テーピングをしてみてはいかがでしょうか?

足がパンパン 足がパンパン 足がパンパン


クリックで先頭へ
© 2015 足がパンパンでひどい(´;ω;`)脚のむくみ対策 All Rights Reserved.